ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

焼酎の違い

乙類・甲類・混和焼酎の違い

一口に「焼酎」と言っても、そのつくり方によってさまざまな種類があることをご存知ですか?
その種類は大きく「乙類焼酎」「甲類焼酎」「混和焼酎」に分けられます。
意外と知られていないそれぞれの製造工程を知ると、自分に合った焼酎が見つかるかもしれません。

乙類・甲類・混和焼酎の違い

乙類焼酎とは

単式蒸留機による1~2度の蒸留により、麦・芋・米・そばなどさまざまな原料からつくられます。
素材の香りがしっかりと残る、深い味わいの焼酎です。

乙類焼酎の製造方法

甲類焼酎とは

連続式蒸留機による蒸留を繰り返すことにより、すっきりした飲みやすさを実現した、ピュアな味わいの焼酎です。
ロックや水割りのほか、チューハイ・サワーのベースとしても使われます。

甲類焼酎の製造方法

混和焼酎とは

1~2回の蒸留により素材の味を活かした乙類焼酎と、蒸留を繰り返すことによりピュアな味わいに仕上げた甲類焼酎をブレンドすることにより、本格焼酎のクセはちょっと苦手、甲類焼酎では物足りないという方にぴったりな、マイルドな味わいの焼酎に仕上がります。

混和焼酎の製造方法