ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

トールホースのロケーション

ブドウの栽培に理想的な自然環境。

海と大地、そして太陽の恵みに富んだ南アフリカは、ワイン用ブドウの産地としても有名です。特に「Tall Horse」に使われるブドウを栽培するケープタウン近郊の沿岸地は、南フランスによく似た気候で、ワイン用ブドウの育成に最適な環境が揃っています。

四季のある地中海性気候。

夏は太陽の光を十分に浴び、冬はたっぷりと水分を補給。昼夜の寒暖差がある地中海性気候の下で熟したブドウは、品種の旨味を最大限に発揮します。

海風が農薬の使用を抑える。

海から吹き込む冷たい風が、ワイン畑を適度な乾燥状態にします。これにより、ブドウの病気の原因となるカビの発生を防ぎ、農薬の使用を大幅に抑えることができるのです。

Sauth Africa

実はワイン先進国、南アフリカ。

南アフリカは、世界中のワイン専門家も注目する優秀なワインの生産地。ワイン造りの歴史は古く、18〜19世紀には欧州各国の宮廷で愛飲され、あのナポレオンもファンだったと言われています。ワインの生産量は世界第9位で、ヨーロッパやアメリカなど50カ国以上に輸出されています。

  • point1
    国際的に
    認められた品質

    近年、南アフリカ産のワインは、国際的な賞を獲得するなど、その品質や完成度で世界中のワイン専門家から絶賛されています。

  • point2
    政府による厳しい
    生産環境基準

    南アフリカでは、厳しいワイン造りの環境基準(IPW)が設けられており、農薬や酸化防止剤の使用規制、資材のリサイクルの徹底など、環境に優しいワイン造りが行なわれています。その徹底ぶりは、欧米やオーストラリアなどの国々からも参考にされるほどです。

  • point3
    生産量より品質を
    重視する栽培方針

    南アフリカの多くのワイナリーでは、できる限り自然な方法でブドウの栽培を行なうことに努めています。たとえば、害虫駆除には極力薬剤の使用を避け、シャモの放し飼いで対応するなど環境に配慮した栽培を行なっています。

トールホースのキャラクター トールホースのキャラクター

ポップなボトルデザイン。

キリンのキャラクターが目印の「Tall Horse」は、売場で目を引く動物ラベルのボトルデザインも魅力です。上品でポップなデザインのボトルは、フルーティーな味わいと相まって、どなたにも親しみやすい印象をあたえてくれるでしょう。 また、簡単に開けられるスクリューキャップもポイントです。

Character

トールホースのワインメーカー トールホースのワインメーカー

南アフリカ有数のワインメーカー、DGB社。

トールホースを生産するDGB社は、1685年にオランダ人のゲイリッツ氏によりベリンガム農場にてワイン造りをはじめたことに端を発する、南アフリカ有数のワイン生産者のひとつです。
醸造担当者ジャコ・ポトギーター氏の指導の下、南アフリカの太陽を存分に浴び、成熟した果実からつくられるワインは、アメリカ・フランス・イギリス・オランダなど世界50カ国以上へ輸出されています。社会貢献、環境保護活動にも熱心に取り組んでいます。

トールホースを生産するDGB社は、1685年にオランダ人のゲイリッツ氏によりベリンガム農場にてワイン造りをはじめたことに端を発する、南アフリカ有数のワイン生産者のひとつです。
醸造担当者ジャコ・ポトギーター氏の指導の下、南アフリカの太陽を存分に浴び、成熟した果実からつくられるワインは、アメリカ・フランス・イギリス・オランダなど世界50カ国以上へ輸出されています。社会貢献、環境保護活動にも熱心に取り組んでいます。