ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

電気ブランその歴史

明治15年(1882年)速成ブランデー誕生

初代・神谷傳兵衛(でんべえ)が、輸入した酒精(アルコール)を原料として、「速成ブランデー」を造りました。当時流行したコレラの予防に効果があると噂になり、大いに売れたと言われています。この速成ブランデーが後の電気ブランを生み出します。

明治26年頃(1893年)初代電気ブラン(電氣ブランデー)誕生

「電氣ブランデー」と「蜂印香鼠葡萄酒」を囲む近藤利兵衛(左)と神谷傳兵衛(右)<明治26年>

当時は薬用であった輸入ブランデーに、ワイン、ジン、ベルモットなどをブレンドしたアルコール度数45%の「電気ブラン」(発売当初は「電氣ブランデー」 といった。)を発売。後に神谷バーでの看板メニューとなり、多くの文学作品に登場するほど、幅広い人に愛される商品となりました。

神谷傳兵衛、近藤利兵衛、蜂印香鼠葡萄酒についてはこちら外部サイトへリンクします

電気ブランの名前の由来

「電気」は当時、文明開化の先端で、モダンで珍しいものでした。その頃、目新しいものを「電気○○」と呼ぶ風潮があり、ビリリとしびれる飲み口もあいまって「電気ブランデー」と名付けられたと言われています。

昭和33年頃(1958年)デンキブラン(30%)へ

商品名を「電気ブラン」から「デンキブラン」へ。アルコール度数も45%から30%へと変更しました。アルコール度数は変わっても、ベルモット風味の独特の味わいは現在も受け継がれています。

昭和58年(1983年)電気ブラン(オールド)(40%)誕生

電気ブラン発売当時のラベルデザインを踏襲し、アルコール度数も40%とした復刻版の「電気ブラン(オールド)」を発売。明治時代より受け継がれる秘伝のブレンドで、現在も浅草、神谷バーをはじめとして多くの人に飲み継がれています。