ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

オエノングループの酒蔵富久娘酒造 灘工場 〒407-0175 山梨県韮崎市穂坂町宮久保5228-1

灘の西郷に 銘酒 富久娘 有り

富久娘酒造の創業は1681年(天和元年)。
灘 新在家の地で、300有余年の伝統と技術を継承しながらも、現代に則した酒造りを行っています。

300有余年の伝統を受け継ぐ酒造り

灘ならではの自然と地の利の中で、富久娘酒造は創業以来、酒造りの技を磨いてまいりました。
メインブランドの「富久娘」はとろりと旨口、穏やかでまろやかな風味。
品質を大切にするのが、富久娘酒造の酒造り―
それは、長年の卓抜した技によって支えられています。

「富久娘」のラベルには、
「聲(こえ)なくて入り来る客や富久娘」と書かれています。その意味は以下の通りに解釈されています。

  • “聲(こえ)を出して呼び込まなくても客が入ってくるほどよい酒であって欲しい”という願望
  • “呼び込まなくても黙って客が入ってくるほど 品質のよい酒である“という誇り
  • “富久娘を飲む客には黙っていても幸福がやってくる”という招福